ヤンキースのロゴをデザインしたのは、なんとティファニーだった?

Yankees Logo by Tiffany by ALLGOOD POST 1

New York Yankees(ニューヨーク・ヤンキース)のロゴをデザインしたのは、実はニューヨーク発のジュエリーブランドTiffany & Co.(ティファニー)だった。

ニューヨーク・ヤンキースといえば、世界中の野球ファンから愛され続けられているMLBの名門球団だが、そのNYロゴをデザインしたのは、ティファニーのLouis B. Tiffany氏(ルイ・B・ティファニー)だということは意外にも知られていない。

1877年にルイ・B・ティファニー氏が、ニューヨーク市警であるJohn McDowell氏(ジョン・マクダウェル)へ送る名誉勲章メダルとしてデザインしたのがきっかけである。

Yankees Logo by Tiffany by ALLGOOD POST 2

その後、元ニューヨーク市警察本部長のWilliam Stephen Devery氏(ウィリアム・スティーブン・デブリー)がヤンキースの前身となるNew York Highlanders(ニューヨーク・ハイランダーズ)の協同オーナーを務めていたことから、ロゴとして採用された。

野球ファンだけでなく、ブラックカルチャーを愛すストリートヘッズからも愛されているヤンキースのロゴデザインには、こんな裏話があったのだ。

ロゴデザインの背景を知るだけで、また一つファッションが面白くなる。
この誕生秘話を聞いて、ティファニーとヤンキースアイテムを合わせたくなった人も多いのではないだろうか。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Tumblr